お問い合わせ

お気軽にご相談ください!

カスタマーサクセスとカスタマーサポートの違いを理解:最適な顧客体験を創出する

ビジネスにおいて顧客の満足度を最大化し、持続可能な成長を実現するためには、「カスタマーサポート」と「カスタマーサクセス」の理解とその適切な運用が不可欠です。しかしながら、これら二つの概念はしばしば混同されがちです。それぞれの役割は何なのか、どのように異なるのか、そしてどのように組織に取り入れ、バランスをとるべきなのか―これらの疑問を解消することが、この記事の目的です。

顧客との関わりを最適化し、ビジネスの成功を後押しするために、カスタマーサポートとカスタマーサクセスの違いを解明しましょう。

カスタマーサクセスとカスタマーサポートの理解

カスタマーサクセスとカスタマーサポートの必要性

今日のビジネス環境では、製品の品質や価格だけで競争するのではなく、顧客体験と顧客満足度がますます重要になっています。この中で「カスタマーサポート」と「カスタマーサクセス」は重要な役割を果たします。

カスタマーサポートは、主に顧客からの問い合わせや問題に対応し、解決策を提供する役割を担っています。問題が発生したときに迅速で効果的なサポートを提供することで、顧客の満足度を高め、長期的な信頼関係を築くことができます。

一方で、カスタマーサクセスはより広範囲で戦略的な役割を果たします。カスタマーサクセスの目的は、顧客が製品やサービスを最大限に活用できるよう支援し、顧客のビジネス目標を達成することです。これは、製品の使い方の指導から、新機能の紹介、さらにはビジネス戦略のアドバイスまで幅広く行います。

 

両者がビジネスに与える影響

それぞれの役割は異なりますが、共通して重要なのは「顧客中心」の思考です。カスタマーサポートとカスタマーサクセスがうまく機能すると、顧客満足度は高まり、ロイヤルな顧客が増え、結果的にビジネスの収益性と持続可能性が向上します。

しかし、これら二つの役割の違いを理解せず、同じように扱ってしまうと、各役割の本来の価値を十分に発揮することができません。それぞれの役割が何であるかを理解し、それぞれが最大限に効果を発揮できるように組織内で位置づけることが重要です。本記事では、そのための理解を深めていきます。

 

カスタマーサポートの概念と役割

 

カスタマーサポートの定義

カスタマーサポートとは、顧客からの問い合わせや問題に対応するためのサービスを指します。その主な目的は、顧客が直面する具体的な問題を解決し、製品やサービスの使用に関する支援を提供することです。

 

カスタマーサポートの主な業務内容

カスタマーサポートの業務は、製品の使用方法の説明、技術的な問題に関するトラブルシューティング、サービスに関する問い合わせの回答、料金や請求に関する質問の対応など、多岐にわたります。その対応形態も多様で、電話、メール、チャット、ソーシャルメディア、または自社ウェブサイト上のFAQやヘルプセンターなど、顧客が選べる方法を提供します。

カスタマーサポートの役割は、即時性と問題解決に重点を置いています。顧客が問題に直面したとき、迅速に対応し、問題を解決することで顧客のストレスを軽減し、製品やサービスに対する信頼を保つことが求められます。優れたカスタマーサポートは、顧客満足度とロイヤリティを高め、ネガティブな口コミを防ぐことで、ビジネスの評価とリピートビジネスに直接的に寄与します。

また、カスタマーサポートは製品やサービスの改善にも貢献します。顧客からのフィードバックや問題報告は、製品開発チームや経営陣にとって貴重な情報源となります。それらは製品の改善点の特定、新機能のアイデア、市場トレンドの把握など、ビジネスの戦略的な意思決定をサポートします。

つまり、カスタマーサポートは単に顧客の問題を解決するだけでなく、顧客との長期的な関係を構築し、ビジネス全体の成長と改善に貢献する重要な役割を果たします。

カスタマーサクセス カスタマーサポート 違い_1Jjpg-ck3BH147iiTi9hueoyu8tJpth2C-1

 

カスタマーサクセスの概念と役割

 

カスタマーサクセスの定義

カスタマーサクセスは、顧客が製品やサービスを最大限に活用し、それを通じてビジネス目標を達成できるように支援する役割を果たします。言い換えると、カスタマーサクセスは顧客が「成功」を体験することを目指すのです。

この成功とは、単に製品やサービスが正常に機能することを超えた意味を持ちます。それは、顧客が製品やサービスを使って自身のビジネスの目標を達成できることを意味します。例えば、あるソフトウェアを使用して効率化を図る企業であれば、そのソフトウェアが実際に作業時間を短縮し、生産性を向上させる結果を出せたときに「成功」を感じます。

 

カスタマーサクセスの主な業務内容

カスタマーサクセスの主な業務内容は、新規顧客のオンボーディング(初期設定やサポート)、製品使用の最適化のアドバイス、新機能の紹介やトレーニング、ビジネス上の課題解決の提案などがあります。これらはすべて、顧客が製品を理解し、最大限に活用し、ビジネス価値を最大化できるようにすることを目指しています。

また、カスタマーサクセスは顧客の声を組織内に取り込む役割も担っています。顧客からのフィードバックやニーズ、期待を集め、それを製品開発やマーケティング、セールスへフィードバックすることで、ビジネスの改善と成長を促します。

カスタマーサクセスの活動は、顧客満足度の向上、顧客ロイヤルティの強化、顧客のライフタイムバリュー(LTV)の拡大に寄与します。また、顧客が成功体験を得ることで、自社製品やサービスの推奨者となり、新規顧客の獲得にもつながります。したがって、カスタマーサクセスはビジネスの持続的な成長と成功に直接的に寄与します。

カスタマーサクセス カスタマーサポート 違い_1zLabCRWA8mQ6i1zgjWz5eUuQIhyeJ-bb

 

カスタマーサポートとカスタマーサクセスの主な違い

 

  1. 業務の焦点の違い

    カスタマーサポートは、顧客が抱える具体的な問題や疑問に対応し、迅速に解決策を提供することに焦点を置いています。

    一方、カスタマーサクセスは、顧客が製品やサービスを最大限に活用し、それを通じて自身の目標を達成できるようにすることに焦点を置いています。

  2. ゴールと期待される結果の違い

    カスタマーサポートのゴールは、顧客からの問い合わせや問題を速やかに解決することです。顧客が困ったときに即座に対応し、製品やサービスに対する信頼を保つことが求められます。

    一方、カスタマーサクセスのゴールは、顧客が「成功」を達成できることです。これは、製品やサービスの使用を通じて顧客が目指す成果を達成することを意味します。

  3. 顧客との関わり方の違い

    カスタマーサポートは、主に顧客からの問い合わせが発生したときに関与します。それに対してカスタマーサクセスは、顧客の全体的な成功を見据えて、長期的な関係を築きます。新規顧客のオンボーディングから始まり、製品使用の最適化、新機能の紹介、ビジネス課題の解決の提案など、顧客のビジネスサイクル全体を通じて関与します。

 

これらの違いからわかるように、カスタマーサポートとカスタマーサクセスは異なる役割を果たしますが、両者は補完し合う関係にあります。カスタマーサポートは、顧客からの問い合わせや問題を即座に解決し、製品やサービスの提供価値を保つ役割を果たします。

一方、カスタマーサクセスは、顧客が製品やサービスを最大限に活用し、それを通じてビジネス目標を達成できるように支援し、顧客満足度とロイヤリティを高める役割を果たします。

このように、カスタマーサポートとカスタマーサクセスは、それぞれが重要な役割を果たしながらも、顧客の成功とビジネスの成長に向けて協力して働くことが重要です。それぞれの役割と特性を理解し、適切に活用することで、企業は顧客との長期的な関係を構築し、ビジネスの成功を実現できます。

 

カスタマーサクセスの取り組み方

 

カスタマーサクセスを効果的に行うための戦略

カスタマーサクセスは、顧客が製品やサービスを最大限に活用し、目標を達成できるようにするための戦略が必要です。まず、顧客のビジネス目標や課題を理解することが重要です。それに基づき、製品やサービスがどのようにそれらの目標や課題を解決できるかを明確にします。また、定期的に顧客とコミュニケーションをとり、製品使用の最適化や新機能の利用を提案します

 

カスタマーサクセスを強化するためのツールや方法

カスタマーサクセスを強化するためには、データ分析やコミュニケーションツールなどを活用します。顧客データを分析することで、顧客の使用状況や満足度、問題点を把握し、適切なサポートを提供します。コミュニケーションツールを活用することで、顧客との連絡を円滑にし、迅速な対応を可能にします。また、教育ツールを使用して、顧客が製品を理解し、最大限に活用できるようにします。

 

カスタマーサクセスチームの構築と運営

カスタマーサクセスチームは、顧客との長期的な関係を築くための重要な役割を果たします。このチームを構築する際には、顧客の成功を第一に考える文化を根付かせることが重要です。チームメンバーは、顧客のビジネスを深く理解し、製品やサービスがどのように価値を提供できるかを理解する能力が必要です。また、チーム内のコミュニケーションと連携を強化し、顧客に対する一貫したサポートを提供します。

以上のように、カスタマーサクセスは戦略的なアプローチと適切なツール、チームの構築と運営が必要です。これらを通じて、顧客の成功を実現し、ビジネスの成長に寄与します。

カスタマーサクセス カスタマーサポート 違い_1gwO3Z5IdZG0GW-s9-p7Um1gErDm2zFh9

 

カスタマーサポートとカスタマーサクセスの相互補完的な関係

カスタマーサポートとカスタマーサクセスは、異なる目的と焦点を持ちながらも、顧客体験の最適化とビジネスの成長に向けて相互に補完しあう関係にあります。

 

カスタマーサポートとカスタマーサクセスのバランス

カスタマーサポートは顧客が直面する問題を即時に解決し、良好な顧客体験を提供します。一方、カスタマーサクセスは、顧客が自身のビジネス目標を達成できるように、製品やサービスの最適な使用をサポートします。この2つの役割は一見異なるように思えますが、両者が協力しあうことで、顧客体験はより良くなり、ビジネスの成長は加速します。具体的には、カスタマーサポートが顧客からのフィードバックや問題を解決し、その結果をカスタマーサクセスチームと共有することで、顧客の長期的な成功に貢献します。

 

これからのカスタマーサクセスとカスタマーサポートの展望

テクノロジーの進歩は、カスタマーサポートとカスタマーサクセスの両方に影響を与えています。AIや機械学習の活用により、カスタマーサポートはより効率的でパーソナライズされたサポートを提供できるようになります。一方、カスタマーサクセスは、より詳細なデータ分析と予測を通じて、顧客のニーズを先読みし、適切なサポートを提供します。これらのテクノロジーを活用することで、企業は顧客との長期的な関係を築き、ビジネスの成長を推進できます。

以上のように、カスタマーサポートとカスタマーサクセスはそれぞれ重要な役割を果たしながらも、相互に補完しあうことで、全体としての顧客体験とビジネスの成長に寄与します。このバランスを理解し、適切に活用することが、今後の企業成長の鍵となります。

 

カスタマーサクセスとカスタマーサポートの両輪で最適な顧客体験の創出を目指しましょう!

ビジネスにおいて顧客の満足度を最大化し、持続可能な成長を実現するために、「カスタマーサポート」と「カスタマーサクセス」のそれぞれの違いや役割、そして適切な運用について理解いただけたかと思います。

顧客との関わりを最適化し、ビジネスの成功を後押しするために、カスタマーサクセスとカスタマーサポートの両輪で最適な顧客体験の創出を目指しましょう。


ホーム /  記事一覧 / カスタマーサクセスとカスタマーサポートの違いを理解:最適な顧客体験を創出する

関連記事

インサイドセールス部門のパフォーマンスを把握するためにKPIを設定したいけれど、どのように設定すべきかわからないとお悩みを抱えていませんか?
NPSアンケート調査で回答者から「ブランドは好きだけど友人には秘密にしたい」「ブランドを薦められるような友人がいない」と言われて、精度の高いデータを取得できているのか不安を感じていませんか?そのような方には、NPS×NRSアンケート調査をおすすめします。
カスタマージャーニーを検討する上で、欠かせないのがタッチポイントの存在です。正しくタッチポイントを把握し設定することは、見込み客の認知から購買までの流れをスムーズに促すことにつながります。
組織活動を効率的なものにするための施策として、近年注目されているのがBPOの導入です。BPOはアウトソーシングの一種とも考えられていますが、具体的にはどの様な点で違いがあるのでしょうか。
カスタマーサクセスの重要性には多くの企業が認知を始めていますが、具体的なカスタマーサクセスの実現方法や、そのための体制構築は十分に進んでいないのが現状です。
多くの企業が、顧客が自社の商品・サービスをどのように選択して購入まで至ったのか把握できていませんが、購入までのプロセスを把握することで今よりも効率的に顧客へアプローチすることができます。...