お問い合わせ

お気軽にご相談ください!

カスタマーサクセスとコンサルティング、何が違う?5つの違いを解説

ビジネスの世界は時に複雑で、カスタマーサクセスとコンサルティングのように、一見似ているようで実は全く異なる業界が隣り合わせに存在します。それぞれが顧客の成功を目指す方法はどのように異なるのでしょうか?

一方は製品やサービスの使用を最大化し、顧客満足を追求します。他方は企業の問題解決に重きを置き、戦略的なビジネス改善を提案します。これらはどちらも重要な役割を果たすものの、その役割や方法は全く異なります。

 

本記事では、これら二つの異なる役割がどのように顧客成功を追求し、どのように相互に関連するのかを探ります。

 

CS STUDIOの運営会社アディッシュ株式会社ではカスタマーサクセス・カスタマーサポート業務のプロセス設計やKPI設計など、様々な企業を支援したノウハウをもとに貴社のカスタマーサクセスのコンサルティングを支援しております。ご興味がございましたらぜひお問い合わせください!

>>カスタマーサクセス・カスタマーサポートのコンサルティング<<

カスタマーサクセス業務とコンサルティングの基本的な定義

 

カスタマーサクセスとは、企業が提供する製品やサービスの価値を顧客に最大限に提供し、その結果として顧客満足度を向上させることを目指す役割です。カスタマーサクセスマネージャーは、顧客が製品を正しく理解し、効果的に使用できるように支援します。

 

彼らの役割は、顧客の期待を超える結果を生み出すことであり、その達成のためには、顧客のニーズを理解し、教育し、問題解決を行うことが求められます。

一方、コンサルティングとは、企業が直面する特定の問題を解決したり、ビジネスの機会を最大化したりするために、専門的な知識やスキルを提供する役割です。

 

コンサルタントは、業界のトレンド、戦略的なインサイト、技術的な専門知識など、幅広い専門知識を用いて、クライアントのビジネスを最適化し、競争力を向上させます。コンサルタントの主な役割は、クライアントのビジネス目標を達成するための戦略と実行計画を提供することです。

これら二つの職業は、一見すると顧客の成功を追求する点で共通していますが、その方法と焦点は大きく異なります。カスタマーサクセスは顧客との長期的な関係を重視し、コンサルティングは特定の問題解決や短期的なビジネス改善を目指します。

 

カスタマーサクセス業務の解説

 

カスタマーサクセスの役割と目的

カスタマーサクセスの主な役割は、顧客が製品やサービスを最大限に活用し、それによってビジネスの成功を達成することをサポートすることです。

 

彼らは顧客が製品を効果的に使用できるようにガイドし、問題が発生した場合は解決策を提供します。

 

その目的は、顧客満足度を高め、顧客ロイヤルティを獲得し、長期的なビジネスの成長を促進することです。

 

カスタマーサクセスの具体的な業務内容

カスタマーサクセスの業務内容は多岐にわたりますが、主な業務は以下の通りです:

製品トレーニング:顧客が製品を理解し、効果的に使用できるようにトレーニングや教育を提供します。

問題解決:顧客が製品使用中に遭遇する問題を解決し、その結果として顧客の満足度を向上させます。

フィードバックの収集:顧客からフィードバックを収集し、その情報を製品開発チームに提供して製品の改善につなげます。

成功の追跡:顧客の使用状況や満足度を定期的に追跡し、必要に応じてサポートを提供します。

 

成功の定義:カスタマーサクセスが目指す成果

カスタマーサクセスが目指す成功とは、主に次の3つの指標によって評価されます:

顧客満足度:顧客が製品やサービスに満足しているかどうかを評価します。これは、顧客満足度調査やネットプロモータースコア(NPS)などのツールを使用して測定されます。

顧客ロイヤルティ:顧客が製品やサービスを長期的に使用し続けているかどうかを評価します。これは、顧客の保持率や再購入率などの指標によって測定されます。

製品の使用率:顧客が製品をどの程度活用しているかを評価します。これは、製品の使用頻度や使用時間、機能の使用率などの指標によって測定されます。

これらの指標が高いほど、カスタマーサクセスを達成したと考えることができます。

 

コンサルティングの解説とカスタマーサクセスとの比較

 

コンサルティングの役割と目的

コンサルティングの主要な役割は、企業がビジネス上の問題を解決し、新たな機会を最大限に活用するための戦略とソリューションを提供することです。

 

彼らは自身の専門的な知識と経験を活用して、クライアントがビジネス目標を達成するための指導とアドバイスを提供します。

 

その目的は、クライアント企業のパフォーマンスを改善し、競争力を強化することです。

 

コンサルティングの具体的な業務内容

コンサルティングの業務は多岐にわたりますが、主に以下のような内容が含まれます:

ビジネス戦略策定:クライアントのビジネス目標を達成するための戦略と計画を策定します。


問題解決:クライアントが直面するビジネス上の問題に対する解決策を提案します。


プロジェクトマネージメント:特定のプロジェクトやイニシアチブの実施を支援します。


パフォーマンス改善:運用効率や財務パフォーマンスを改善するためのアドバイスを提供します。

 

成功の定義:コンサルティングが目指す成果

コンサルティングが目指す成功は主に次の3つの指標によって評価されます:

ビジネス成果:コンサルタントが提供したアドバイスや戦略が、クライアントのビジネス成果にどの程度寄与したかを評価します。

クライアント満足度:クライアントがコンサルタントの提供したサービスに満足しているかどうかを評価します。

プロジェクトの成功:特定のプロジェクトやイニシアチブが計画通りに実施され、目標を達成したかどうかを評価します。

これらの成功の指標を比較すると、カスタマーサクセスは製品やサービスの使用を最大化し、顧客の満足度を高めることに重きを置きます。

 

一方、コンサルティングは企業全体のビジネス成果の改善を目指します。そのため、成功の定義や業務内容、役割などにおいて、両者は明確に区別されます。

 

カスタマーサクセスとコンサルティングの5つの違い

カスタマーサクセスとコンサルティングの役割の違いを5つのポイントで解説します。

 

これらの理解を深めることで、あなた自身の業務にも活かすことができるでしょう。では、一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

求められるゴールの違い

カスタマーサクセスのゴールは顧客が製品やサービスを最大限に活用し、その結果としてビジネス成果を達成することをサポートすることです。

 

これは主に製品の効果的な使用を通じて実現されます。

一方、コンサルティングのゴールはクライアント企業のビジネス問題を解決し、新たな機会を最大限に活用することです。これは主に専門的な知識やスキルを活用して実現されます。

顧客との関係性の違い

カスタマーサクセスは長期的な顧客関係を重視します。彼らは顧客との密接な関係を築き、顧客のニーズや期待を深く理解することを重視します。


一方、コンサルティングはより短期的かつプロジェクトベースの顧客関係を持つことが多いです。彼らは特定のビジネス問題の解決や特定のビジネス目標の達成に重きを置きます。

成果の評価軸の違い

カスタマーサクセスの成果は主に顧客満足度、顧客ロイヤルティ、製品の使用率などの指標によって評価されます。

一方、コンサルティングの成果はビジネス成果、クライアント満足度、プロジェクトの成功などの指標によって評価されます。

 

スキルセットの違い

カスタマーサクセスマネージャーは製品知識、顧客サービススキル、コミュニケーションスキルなどを必要とします。

 

そして、顧客との長期的な関係を構築し、製品の最大限の活用をサポートするスキルが求められます。

一方、コンサルタントはビジネス戦略、問題解決スキル、専門知識などを必要とします。そして、企業全体のビジネス戦略を理解し、具体的なビジネス問題の解決策を提供するスキルが求められます。

長期的な役割の違い

カスタマーサクセスは長期的に顧客との関係を維持し、顧客の成功をサポートする役割を持ちます。彼らは顧客のビジネス目標やニーズが変化するにつれて、そのサポートをアップデートします。


一方、コンサルティングは特定のビジネス問題の解決や特定のプロジェクトの成功をサポートする役割を持ちます。彼らの役割はプロジェクトが完了したり、特定のビジネス問題が解決したりすると終了します。

以上の5つの違いから、カスタマーサクセスとコンサルティングは異なるゴールを持ち、異なるスキルセットを必要とし、顧客との関係性も異なるということがわかります。

しかし、両者はそれぞれ重要な役割を果たし、顧客企業がビジネス目標を達成するための相互補完的な役割を果たします。


例えば、コンサルタントが提供する戦略的な視点や専門的な知識は、ビジネスの問題解決や戦略立案に役立ちます。

 

一方、カスタマーサクセスはその戦略を具体的な行動に移し、顧客が製品を最大限に活用できるようサポートします。このように、両者のスキルセットを組み合わせることで、顧客企業全体のパフォーマンスを向上させることができます。

 

カスタマーサクセスとコンサルティングを組み合わせ、顧客満足度の向上とビジネス成果の最大化を目指しましょう!

本記事では、カスタマーサクセスとコンサルティングという、表面上は似ているようで異なる2つの役割について、各役割の目的、具体的な業務内容、成功の定義や、5つのポイントに基づいた違いについて、詳しく解説しました。

 

カスタマーサクセスとコンサルティングを適切に組み合わせ、顧客満足度の向上とビジネス成果の最大化を追求しましょう。

 

アディッシュではユニコーン企業やスタートアップ企業など様々な企業のカスタマーサクセス・カスタマーサポートの代行・コンサルティング実績がございます。

 

カスタマーサクセス・カスタマーサポートでお悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、何でも!ぜひご相談ください!


ホーム /  記事一覧 / カスタマーサクセスとコンサルティング、何が違う?5つの違いを解説

関連記事

本記事ではZendesk Supportの設定(セットアップ)において、基本的な用語や機能の説明、設定の流れとどのようなところを意識して設定(セットアップ)することが望ましいか解説します。
インサイドセールス部門のパフォーマンスを把握するためにKPIを設定したいけれど、どのように設定すべきかわからないとお悩みを抱えていませんか?
NPSアンケート調査で回答者から「ブランドは好きだけど友人には秘密にしたい」「ブランドを薦められるような友人がいない」と言われて、精度の高いデータを取得できているのか不安を感じていませんか?そのような方には、NPS×NRSアンケート調査をおすすめします。
カスタマージャーニーを検討する上で、欠かせないのがタッチポイントの存在です。正しくタッチポイントを把握し設定することは、見込み客の認知から購買までの流れをスムーズに促すことにつながります。
組織活動を効率的なものにするための施策として、近年注目されているのがBPOの導入です。BPOはアウトソーシングの一種とも考えられていますが、具体的にはどの様な点で違いがあるのでしょうか。
多くの企業が、顧客が自社の商品・サービスをどのように選択して購入まで至ったのか把握できていませんが、購入までのプロセスを把握することで今よりも効率的に顧客へアプローチすることができます。...