お問い合わせ

お気軽にご相談ください!

カスタマーサクセスの4フェーズ:顧客の成功を導く実践ガイド

ビジネスの成功において、製品やサービスの品質は重要ですが、それと同じくらい大切なのがカスタマーサクセスです。顧客が製品やサービスを最大限に活用し、その価値を十分に体感できるよう支援することで、継続的なビジネスの成長を促すことが可能となります。

本記事では、そのカスタマーサクセスを具現化するためのフェーズとその重要性について詳しく解説します。まずは準備段階である「クオリフィケーション」から始め、顧客との関係が始まるこのステップで何が重要なのか、どのように顧客のニーズと製品・サービスの適合性を見極めるべきなのかを学びます。

その後、「オンボーディング」、「アダプション」、「リニューアル」、「エクスパンション」といった、各フェーズごとに何を目指し、どのようなアクションが求められるのかを解説します。これらのフェーズを通じて、顧客の成功を最大化するカスタマーサクセスの体系的なアプローチを理解し、実践することで、ビジネスの成果を最大化する道筋を描きます。

 

カスタマーサクセスを実現するために

カスタマーサクセスの重要性


カスタマーサクセスは、顧客が提供される製品やサービスを最大限に活用し、ビジネス上の目標を達成するのを助ける戦略的なアプローチです。単に製品を販売するだけではなく、顧客が目標を達成できるように支援し、彼らの成功を自社の成功と捉えることで、長期的な顧客満足度、ロイヤリティ、そして収益の増加につながります。これは特にサブスクリプションベースのビジネスモデルでは重要で、カスタマーサクセスが高まるほど、顧客維持、アップセル、クロスセルの可能性も高まります。

 

カスタマーサクセスの準備段階と4つのフェーズとは?

カスタマーサクセスを実現するためには、準備段階と4つのフェーズを理解し、適切に行動することが重要です。

準備段階である「クオリフィケーション」では、顧客のニーズと提供する製品・サービスの適合性を見極め、期待値を明確にします。これは営業活動の段階で行うべきプロセスです。

「クオリフィケーション」を通じて導入を決定すれば、「オンボーディング」で顧客に製品を導入し、製品の基本的な使い方を教えます。続く「アダプション」では、顧客が製品を日常の業務に組み込み、本来の価値を理解・活用するように促進します。

最終的に、「リニューアル」と「エクスパンション」のフェーズで、顧客が製品を継続的に使用し、さらなる価値を見つけ出すようサポートします。これらのフェーズを通じて、顧客の成功はビジネスの成功へと直結します。

カスタマーサクセス フェーズ_1fkbv_vBijjVkrKEw97m6RJaRjtcJJId-

 

準備段階:クオリフィケーション - 期待値の明確化

クオリフィケーションの重要性

カスタマーサクセスは、顧客と自社の製品やサービスのマッチングを評価する準備段階の「クオリフィケーション」フェーズから始まります。これは非常に重要なステップで、ここでの正確な評価は、その後の顧客の満足度やロイヤルティ、さらにはビジネスの成長に大きな影響を与えます。

クオリフィケーションの過程では、まず顧客がどのようなニーズを抱えているのか、どのような課題を解決しようとしているのかを深く理解することが求められます。そして、そのニーズや課題が自社の製品やサービスで満たすことができるのか、適合性を評価します。製品やサービスが顧客の期待を満たすことができれば、顧客との長期的な関係性を築く素晴らしいスタートとなります。

 

顧客のニーズと製品・サービスの適合性を見極める方法

顧客のニーズと製品・サービスの適合性を見極めるためには、顧客との深いコミュニケーションが必要です。具体的な目標や期待値を明確にし、それがどの程度製品やサービスと一致するのかを評価することが大切です。また、製品やサービスが顧客のビジネスにどのように組み込まれ、価値を提供するのか、具体的なシナリオを想定し、それを顧客と共有することも重要です。

また、一方でクオリフィケーションフェーズでは、製品やサービスが顧客の期待に合わない場合、それを早期に認識し、適切な対応を取ることも大切です。無理に販売を進めてしまうと、後々の顧客の満足度や信頼を損なう可能性があります。必要であれば他のソリューションを提案する、あるいは他社への紹介を検討するなど、顧客の成功を最優先に考えることが求められます。

以上のように、クオリフィケーションフェーズは顧客との長期的な関係を築くための土台となるステップです。顧客の期待値を正確に理解し、それが製品やサービスとどの程度マッチしているのかを見極めることで、顧客の成功とビジネスの成長を促進することが可能となります。

 

フェーズ1:オンボーディング - 導入の出発点

 

オンボーディングの目的と重要性

「オンボーディング」フェーズは、顧客が自社の製品やサービスを使い始める初期段階で、ここでの経験は顧客の全体的な満足度や製品への理解、そして長期的なエンゲージメントに大きな影響を与えます。そのため、このフェーズの目的は、顧客が製品やサービスをスムーズに始めることを支援し、それぞれの機能や利点を理解し、使用開始後すぐに価値を感じられるようにすることです。

オンボーディングは、製品やサービスの最初の印象を形成する重要な機会です。良質なオンボーディング体験は、顧客の満足度とエンゲージメントを高め、製品のアダプションと継続的な利用を促します。逆に、不十分なオンボーディングは、顧客が製品を離れ、最終的にはチャーン(顧客離れ)につながる可能性があります。

 

顧客への導入と教育のベストプラクティス

効果的なオンボーディングを実現するためには、以下のようなベストプラクティスがあります。まず、独自のオンボーディングプログラムを作成し、顧客が製品やサービスを容易に理解し、利用を始めることができるようにします。これには、製品の機能と利点を明確に説明するマニュアルの提供、チュートリアルやウェビナーを通じた教育、定期的なフォローアップとサポートなどが含まれます。

また、オンボーディングは一方向のコミュニケーションではなく、顧客からのフィードバックを収集し、それに基づいて改善を行う双方向のプロセスが望まれます。これにより、製品やサービスが顧客の期待に応え、さらにはその期待を超えることができるようになります。

 

フェーズ2:アダプション - 製品の活用と理解

 

アダプションフェーズの定義と目的

「アダプション」フェーズは、顧客が自社の製品やサービスを日々の業務に組み込み、活用するようになる段階を指します。このフェーズの主な目的は、顧客が製品やサービスを最大限に活用し、それによってビジネスの価値を引き出すことを支援することです。アダプションが成功すれば、顧客の満足度とロイヤルティが高まり、長期的なビジネス関係を維持する確率が増します。

 

顧客エンゲージメントを高める方法

このフェーズでは、顧客が製品やサービスの使用を続け、さらにはそれを他の業務やプロジェクトにも広げていくことを目指します。そのためには、顧客のエンゲージメントを維持し、向上させることが重要となります。エンゲージメントを高める方法としては、顧客との定期的なコミュニケーション、新機能やアップデートの案内、問題が発生した際の迅速なサポートなどがあります。

 

顧客の期待を超えるエンゲージメント戦略

さらに、顧客の期待を超えるエンゲージメント戦略とは、単に製品やサービスを提供するだけでなく、顧客のビジネス上の課題を解決し、成果を達成するためのパートナーシップを提供するという意味を含みます。

具体的には、製品やサービスの最新情報だけでなく、業界のトレンドやベストプラクティス、事例紹介など、顧客がビジネスで成功するための有益な情報を提供します。また、顧客のビジネスに対する深い理解を持ち、それを基にしたカスタマイズされたソリューションを提案することも重要です。

このようなアプローチは、顧客にとって製品やサービスだけでなく、提供企業自体がビジネスの成功に欠かせないパートナーとなることを感じさせることで、エンゲージメントを向上させる効果があります。これは、顧客のロイヤルティを高め、チャーンを防ぎ、さらには口コミによる新規顧客獲得につながる可能性があります。

そのため、アダプションフェーズはカスタマーサクセスの中でも特に重要なフェーズであり、顧客の製品やサービスへの理解と活用、そして長期的なエンゲージメントの形成に大きく寄与します。

カスタマーサクセス フェーズ_1cwTWn4BgyuuG7nZwSqe0_aikdJbfvXp8

 

フェーズ3:リニューアル - 継続的なビジネス価値の確保

 

リニューアルフェーズの役割

「リニューアル」フェーズは、顧客との契約を更新し、継続的なビジネス関係を確保する段階を指します。このフェーズの主な役割は、顧客に対して自社の製品やサービスが引き続き価値を提供し、そのビジネスにとって不可欠であることを確認させることです。

リニューアルは、顧客が製品やサービスの価値を認識し、それに満足している証です。それは、自社の製品やサービスが顧客のビジネスに積極的な影響を与えている、ということを意味します。したがって、高い顧客満足度と継続利用を促すには、製品やサービスの価値を明確にし、顧客の成功をサポートするアクションを継続することが重要です。

 

高い顧客満足度と継続利用を促す方法

具体的な方法としては、まず定期的なパフォーマンスレビューを行い、製品やサービスが顧客のビジネス目標にどのように貢献しているかを明示します。また、顧客のフィードバックを積極的に取り入れ、製品の改善や新機能の開発に反映させることで、顧客のニーズに応え続けます。

また、カスタマーサクセスチームが主導して、顧客の成功ストーリーを共有したり、製品の最適な使用方法を提案したりすることも効果的です。これにより、顧客は自社のビジネスが製品やサービスによってどのように改善されているかを実感でき、さらにはその価値を最大化するための新たな可能性を発見できます。

これらの活動は、顧客が自社の製品やサービスに継続的な価値を感じ、契約の更新を選ぶための信頼と満足感を構築します。そして、それは長期的なビジネス関係の確保と、カスタマーサクセスの持続的な成功につながります。

 

フェーズ4:エクスパンション - 顧客との関係性拡大

 

エクスパンションフェーズとは

「エクスパンション」フェーズは、既存の顧客との関係を深化させ、商談の範囲を拡大する段階を指します。このフェーズでは、より高度なサービスの提供や追加の製品の販売(アップセル)、または他の製品ラインの提案(クロスセル)を通じて、既存顧客からの収益を増加させることが主な目的となります。

エクスパンションフェーズの成功は、顧客満足度と密接に関連しています。顧客が製品やサービスに満足し、その価値を認識している場合、関係をさらに深化させる可能性が高くなります。ここで重要なのは、単に売上を増やすだけではなく、顧客の成功を追求し続けることです。これは、顧客が自社の製品やサービスをさらに活用し、それが顧客のビジネスにさらなる価値をもたらすことを示すことで達成できます。

 

アップセルとクロスセルの効果的な方法

アップセルやクロスセルの効果的な方法としては、まず顧客のビジネスニーズを深く理解し、それに基づいたソリューションを提案することが重要です。これには、定期的なコミュニケーションと顧客のフィードバックの収集が必要です。次に、提供する製品やサービスが顧客のビジネスにどのような付加価値をもたらすのかを明確に説明することです。

また、顧客が製品やサービスの使用を最適化できるように、適切な研修とサポートを提供することも重要です。これにより、顧客は自社のビジネスにおける製品やサービスの更なる可能性を理解し、その価値を最大化するための新たな投資を検討する可能性が高まります。

これらの活動は、顧客との関係性を拡大し、より深いパートナーシップを築くことにつながります。そして、それは持続的なビジネスの成長とカスタマーサクセスの実現に貢献します。

カスタマーサクセス フェーズ_1L2qJG-FTNRZarVDHwitn__qErhj8tUvs

 

カスタマーサクセスのフェーズを理解し、顧客ビジネスの成功を目指しましょう!

 

カスタマーサクセスのフェーズごとの重要なポイントのまとめ

本記事を通じて、カスタマーサクセスを実現するためのフェーズを詳細に見てきました。これらのフェーズごとのアプローチは、顧客の成功を促進し、ビジネスの成果を最大化するための重要なガイドラインを提供します。

まず、クオリフィケーション段階で期待値を明確化し、顧客のニーズと自社の製品やサービスが適合するか評価します。次に、オンボーディングフェーズでは顧客への製品やサービスの導入と研修を行います。アダプションフェーズでは、顧客が製品を活用し理解するためのサポートを提供し、エンゲージメントを高めます。リニューアルフェーズでは、製品やサービスの価値を再確認し、契約更新を促進します。そして最終的に、エクスパンションフェーズでは、顧客との関係を拡大し、アップセルやクロスセルに結びつけます。

カスタマーサクセスは単に製品を販売すること以上の、顧客の成功を実現することに焦点を当てたビジネス戦略です。それは、製品やサービスが顧客のビジネスに対して持続的に価値を提供し、その成果を最大化するための役割を果たします。

 

カスタマーサクセスのフェーズを理解し、ビジネス成果の最大化を目指しましょう!

カスタマーサクセスの全てのフェーズは相互に連携し、一貫したカスタマーサクセス体験を提供することが求められます。そのためには、カスタマーサクセスチームが各フェーズにおける顧客のニーズと期待を理解し、それに応じた戦略とアクションを取ることが重要となります。カスタマーサクセスのフェーズを理解と実践を通じて、持続的なビジネス成長と顧客満足度の向上、そして最終的なカスタマーサクセスの実現を目指しましょう。


ホーム /  記事一覧 / カスタマーサクセスの4フェーズ:顧客の成功を導く実践ガイド

関連記事

本記事ではZendesk Supportの設定(セットアップ)において、基本的な用語や機能の説明、設定の流れとどのようなところを意識して設定(セットアップ)することが望ましいか解説します。
インサイドセールス部門のパフォーマンスを把握するためにKPIを設定したいけれど、どのように設定すべきかわからないとお悩みを抱えていませんか?
NPSアンケート調査で回答者から「ブランドは好きだけど友人には秘密にしたい」「ブランドを薦められるような友人がいない」と言われて、精度の高いデータを取得できているのか不安を感じていませんか?そのような方には、NPS×NRSアンケート調査をおすすめします。
カスタマージャーニーを検討する上で、欠かせないのがタッチポイントの存在です。正しくタッチポイントを把握し設定することは、見込み客の認知から購買までの流れをスムーズに促すことにつながります。
組織活動を効率的なものにするための施策として、近年注目されているのがBPOの導入です。BPOはアウトソーシングの一種とも考えられていますが、具体的にはどの様な点で違いがあるのでしょうか。
多くの企業が、顧客が自社の商品・サービスをどのように選択して購入まで至ったのか把握できていませんが、購入までのプロセスを把握することで今よりも効率的に顧客へアプローチすることができます。...